女の子

入学祝いの品

女の子さんの入学祝いにランドセルをプレゼントするには、幾つかの段階が必要です。本人の意見も尊重しつつ、先ずは大人が良い品を幾つか選択することです。そして、その中から購入する物を決めるようにすると、間違いのない品選びができます。

出産した時に贈るギフト

内祝

名入れも可能

出産内祝いとは、内輪でのお祝いのことであり、親族や友人など日頃お世話になっている人と、我が家にあったおめでたいことに対して喜びを分かち合うこと、そのお裾分けをすることです。しかし近年、内祝いはお返しとしての意味合いが強くなっており、出産祝いのお返しに使われる言葉になりました。出産内祝いの特徴として、頂く際には出産をした母親の名前、内祝いを贈る際には生まれてきた赤ちゃんの名前で贈るということがひとつに挙げられます。出産内祝いの贈り物は、相手によって選ぶのが良いでしょう。多くは、食料品やジュース類などの飲み物、日用品です。贈る相手の好き嫌いに関わらないものであることが多いため、気軽にプレゼントとして選べるようになっています。出産内祝いに関するものであれば、生まれてきた赤ちゃんにちなんでその名前を入れた品物を贈る場合もあります。ギフトを取り扱っているところによっては、ジュースのラベル、コーヒーや紅茶などの缶に名入れができることもあります。もし選ぶことに迷ってしまうのであれば、商品券やカタログギフトなどを贈り、相手に選んでもらうことも方法のひとつです。出産内祝いを贈る際に気を付けることは、地域の習慣によって贈ってはいけないものがあることです。仏事に使われる緑茶は、お祝い事には適していないものとして扱われることが多いため、注意が必要です。また、赤ちゃんの写真を同封する際には、家族や親戚間のみにするのが一般的です。

雛人形

初節句のプレゼント

3月3日のひな祭り。初節句を迎える女の子には雛人形を母方の祖父母がプレゼントするのが一般的です。購入する場合は、飾る場所や収納場所、子どもと一緒に飾る楽しみなども考慮して選びたいものです。また、第2子も女の子だった場合、雛人形の絵など、別のプレゼントを贈る方法もあります。

赤ちゃん用品

相手が喜ぶものを贈ろう

出産内祝いは金額や品物選びにいくつか注意点があります。半額から三分の一程度が目安で、消耗品がふさわしいとされています。出産内祝いでは名入れや写真の印刷などをするのが人気です。一ヶ月以内に贈るのが目安です。

小学生

喜ばれる入学祝い

ランドセルは6年間毎日使うもので値段も安いものではないので、孫にもその両親にも喜ばれることから入学祝いとして人気が高くなっています。女の子の孫に贈るなら軽さや安全性以外にも、カラーやデザイン性も重要視すると良いでしょう。

雛人形

飾り方の種類

衣裳着人形の雛人形の飾り方は、親王飾りと五人飾り、七段飾りの3種類があります。親王飾りはシンプルで飾るのにも収納にも場所を取りません。五人飾りは最近人気になっていて、段数は2段から5段まで選らべます。七段飾りは豪華で見栄えがよくなります。

Copyright© 2018 出産内祝いに贈るプレゼント【名前を入れた品物を贈ろう】 All Rights Reserved.