相手が喜ぶものを贈ろう

赤ちゃん用品

贈り物にふさわしい品物

出産内祝いとは、現代では出産祝いに対するお返しの品という意味で使われています。本来は幸せのおすそ分けという意味合いが強かったのですが、現在ではお返しという意味が強くなってきています。出産内祝いを選ぶときは、金額や品物の選び方などにいくつかの注意が必要です。といっても出産祝いを贈る側はお返しを期待して贈るわけではないので、基本を抑えておけばほとんど問題ありません。まず出産内祝いの金額は、いただいた品物や現金の金額に対して、三分の一から半分ほどが目安です。あまりに高価なものの場合は半額にこだわることなく、三分の一程度や気持ち程度でもかまいません。もし内祝い不要と明言されたら、お礼状だけでもかまいません。親族などの場合は親族間で決めてあることもあるので、親などに聞いてみるのがおすすめです。そうでなければ出産内祝いを用意する方がよいでしょう。品物としては消耗品がふさわしいとされています。出産内祝いは何度ももらうことがあるものであるためです。食品類やお酒などの飲み物、洗剤やタオルなどの日用品がおすすめです。もし好みがわからなければカタログギフトにしたり、日持ちのする調味料や焼き菓子などを選ぶと確実です。出産内祝いでは、子供の名入れをしたり、お礼状やラッピングに写真を使ったりするサービスもあり、人気があります。贈る時期としては、出産祝いをもらってから一ヶ月以内が目安です。ですが出産後は慌ただしいことも多いので、そこまで厳格に守らなくても問題ありません。あまりに遅れると失礼なので産前から準備しておくとスムーズです。

Copyright© 2018 出産内祝いに贈るプレゼント【名前を入れた品物を贈ろう】 All Rights Reserved.