初節句のプレゼント

雛人形

両家と両親が納得する形で

3月3日はひな祭りの日。この1年間に生まれた女の子にとっては初節句を迎え、雛人形のプレゼントしお祝いすることが一般的です。この雛人形は誰が買うかというと、女の子にとっての祖父母が購入することが多いようです。地域によって異なる部分もありますが、多くは母方の祖父母が買うケースが多いようです。しかし、雛人形を買うと言っても、どのように選べばいいか難しいものです。まず考えたいのは、飾る場所です。広い一軒家なら7段飾りも可能ですが、アパートなどであればコンパクトなものが好まれます。また飾るだけではなく収納の場所の問題もありますので、この点は注意が必要です。今は最初からガラスケースに収納されているコンパクトな雛人形も販売されています。確かに便利ではありますが、子どもと一緒に雛人形を飾る楽しみはなくなりますので、この点も注意しておきたいものです。買い方ですが、祖父母と両親が一緒に買いに行くという方法もありますし、祖父母が遠方の場合はお金だけ渡して、購入は両親がするという場合もあります。その場合は、のしを祖父母の名前で書いておくことを忘れないようにしておく必要があります。さて、初めての女の子でしたら雛人形をプレゼントするということで良いのですが、悩むのは第2子が女の子だった場合です。長女にだけにしか初節句のプレゼントをしないというのもかわいそうですので、第2子には雛人形の絵などの別のプレゼントを贈るという方法もあります。なにはともあれ、両家・両親が納得する形でプレゼントできるよう、気持ちを共有しておくことが一番大事なことなのです。

Copyright© 2018 出産内祝いに贈るプレゼント【名前を入れた品物を贈ろう】 All Rights Reserved.